会社紹介
 

私ども有限会社肉の片山は、おかげさまで1975年創業以来
順調に営業を続けてまいりました。

これも、ごひいきにしてくださるお客様と、
良い素材・原料を供給してくださる生産者様、
ご支援を頂いている皆様のおかげであると、感謝の毎日です。

肉の片山は、至高の銘柄豚「和豚もちぶた」を中心に厳選素材を用いて、
安全・安心でおいしい食品を製造販売いたします。

化学薬品・合成添加物を使用せず、できるだけ無添加志向で
お子様にも安心して喜んで召し上がっていただける「良い商品」を目指しております。



【肉の片山 社長の想い】

『“当たり前に”、一生懸命であること』
『“当たり前に”、誠実であること』

「片山のつくったものは、いつも美味しいね」この一言をお客様からいただくために、
全身全霊で仕事に向う。安心、安全を実現するために、どこまでも汗を流し続ける。
食品偽装、BSE問題、鳥インフルエンザなど、「食」を取り巻く問題は、常に、消費者
の皆様のいのちのすぐ傍にあります。そしてまた、食は、生きることの喜びや愉しみ
までも生み出す、豊潤な創造力を持っています。この責任の重さを充分に自覚し、覚悟
を胸に、仕事に向き合うことで、初めてお客様の満足は得られる。そうじゃないでしょ
うか。食に関わる人間としての当たり前に、徹底して、一生懸命であること。徹底して、
誠実であること。それが、1975年の創業以来、私たちの揺るがない柱であり、色褪せる
ことのない原点なんです。例えば、私たちは、心底納得した品質のもちぶただけを出荷
します。例えば、私たちは、バイヤーさんに対し、適切な管理方法までアドバイスさせ
ていただいています。例えば、私たちは、100グラムであっても、お客様の要望さえあれ
ば、もちぶたを卸します。もちぶたを、まるでモノのように乱雑に扱い、機械のように
右から左に流すだけで、誰かを幸せにできるような仕事は、ここにはひとつもないんです。
全ての仕事に想いを乗せるのは、全ての業務に意味があるから。私たちが取り扱う銘柄豚
『和豚もちぶた』は、その高い品質から、新潟県内はもとより、日本全国のレストラン・
料亭・とんかつ店での取り扱いも増えています。そんな状況だからこそ、自分達の原点に、
立ち位置に、忠実でありたい。食を尊び、もちぶたに愛情を注ぎ、「安心・安全・おいし
さ」を世の中に提供し続ける。お客様にとってなくてはならない存在になる。私たち『肉
の片山』は、日本一ではなく、お客様にとっての一番になりたい会社です。

代表取締役 小杉知明